ターボタイマーについて

 

ターボ車は他の自動車には全く必要としていないパーツが必要と言われています。
それがターボタイマーで、購入した時には装着されていないので、自分で装着しなければいけません。
ではなぜタイマーが必要としているのでしょうか。

ターボ車に使用されているタービンは大きく負担がかかるパーツとなっています。
かなりの高回転でプロペラが回っていますためかなりの熱を発生させてしまいます。
さらに排気ガスを利用して回転をしているので、この排気ガスの熱をもらってしまうため、ものすごく熱くなります。

熱をある程度冷ますためにも冷却水を使用していますし、循環にオイルを使用しているのですが、高回転でかなり負担をかけてしまうと冷却が間に合わない状態となります。
この状態でエンジンを止めてしまいますと、全く冷却ができない状態となり熱によって焼きつきを起こしたり劣化の原因を作ります。
そのため、そうならないためにもある程度冷却をして焼きつき防止をするためにもアイドリング状態を作る必要があります。

なのでタイマーを使用してすぐにエンジン停止しないようにするのがタービンを守るようにしています。
今は昔よりも故障率は高くなく必要ないのではとも言われているのですが、しかしより壊れない可能性を高めるためにもタイマーを使用するのがオススメです。

 

Comments are closed.