単方向と双方向とは

冬の寒い朝にいきなりエンジンをかけて車を発進させると、車のエンジンを傷める原因となります。最近の車は性能が向上しており、暖機運転をしなくても走りだすことが出来ますが、エンジンをかけた直後はエアコンがきいておらず、寒い思いをすることも少なくありません。そんな寒い冬に便利なのが、リモコンの遠隔操作でエンジンをかけることが出来る「エンジンスターター」です。エンジンスターターであらかじめエンジンを掛けておくことで、乗り始めから快適に運転が出来る上、走りもよりスムーズになります。また、エンジンスターターには「単方向」と「双方向」の2種類があります。前者は、リモコンから一方的に信号を送るタイプのエンジンスターターです。機器の値段が安く気軽に導入出来ますが、車の場所によっては信号が車に届いていないこともあるため、寒い朝にエンジンが作動しておらず、ガッカリすることも考えられます。一方、後者の場合、エンジンが掛かったことをリモコンに知らせてくれる機能があるため、わざわざ車まで行ってエンジンが掛かっていることを確認する必要がありません。値段は少し高くなるものの、エンジンスターターで断然売れているのは「双方向」のタイプです。

Comments are closed.