エンジンとその負担について

エンジンに負担を掛けずに車を運転することは、車を長持ちさせるためにとても大切なことです。その為、特性をよく知り、負荷をかけない優しい運転や準備を常にしてあげることが車を長持ちさせることにも繋がります。
車は十分に暖機運転をしてあげないと、オイルの周りが悪く故障の原因となることがあります。その為に特に冬は暖機運転が必要になります。しかし、車を遠くに止めていたりした場合には車までいちいち指導しに行く代わりに、遠隔から操作することで暖機運転を行うことができる優れものです。
しかし、だれもいないところで万が一発火したりエンストしたりする危険もあるため、使い方には注意が必要です。
また、ターボタイマーはターボ装着車に効果のあるもので、ターボの熱をゆっくりと冷却するために低速で一定時間アイドリングすることで排気ガスのタービンを低速で回し冷却しているものです。このようにしないとタービンが焼け付く危険性があります。これは非常に重要なことで、ターボ装着車は年々減ってきているとはいえ全くないわけではないので、ターボタイマーもターボ車にとっては重要な機能だという事ができます。
このように細かいところに気を配っておくことで、車は非常に長持ちすることになります。

Comments are closed.