エンジンスターターのメンテナンス方法

エンジンスターターに不具合が生じると、いざというときに車やバイクが使用できなくなってしまいます。そのため日頃のメンテナンスが大切になります。
そのメンテナンスで最も重要になるのはバッテリーです。常にバッテリーの電圧には注意を払い、電圧低下によるバッテリー上がりを未然に防ぐ必要があります。
さらに、セルモーター本体の給電ブラシのすり減りやグリスアップ不足による回転不良が原因の場合もあります。この場合給電ブラシ交換やコミテーターの磨きおよびグリスアップなどが必要になりますが、専門的な作業になるのでしっかりとした知識と技術を持っている人以外は専門店に任せた方が良いでしょう。
またそれ以外にも、バッテリーからの配線の接点に酸化などが起こっていると、電力不足によりモーターが回らないことがありますので、複雑なリレーなどを行っている場合は特に注意が必要です。
重要なのは、メンテナンスフリーなものではなく性能低下や消耗が起こるものであるということを認識し、定期的な検査を行う事です。それとともに、少しでも異常が感じられたら専門家にチェックしてもらうことも重要です。それがトラブルを未然に防ぐ日頃の備えになります。

Comments are closed.