エンジンのメンテナンス方法

 

自動車の心臓部分だと言っても過言ではないのがエンジンです。冷却機能、電気機能、燃料とも深く関係を持ち、メンテナンスを行うことはとても重要な場所です。しかし、素人ではメンテナンス出来る部分はあまり多くなく、特に、電気、燃料と言った部分はコンピューターがコントロールしています。そのため、メンテナンスを行う際には、冷却関係を中心に行うことが大切です。冷却関係のメンテナンスを行う際には、冷却液を使用します。冷却液は定期的に交換するものですが、普段はどのくらいの液量が残っているかを確認するだけでかまいません。目安は、タンクの液量がMAXとMINの中間辺りにあれば適量です。冷却関係以外にも、オイルを交換することでメンテナンスを行うことができます。オイル交換の目安は色で、オイルは使用していくと黒く変色していきます。黒い色が濃くなっているようだと、新しく交換する目安だといって良いでしょう。このように、ちょっとしたメンテナンスを心がけることで、自動車の寿命は大きく伸びていきます。素人では難しい作業を行うことはできませんが、オイル交換などの作業は行うことができます。また、日頃から状態を気にかけることが必要です。

 

Comments are closed.